2009年08月12日

Traktorのバグの件

北の大地のradikon君が色々とデータを解析してくれたお陰で原因解明。

やはり想像していた通り、wavファイルの詳細データの所に2バイト文字がくっつくと落ちる。これはあれですね、Traktor内でタイトルやアーティスト名を日本語対応になったからとホイホイ書き換えるとwavファイルの詳細情報に書き込まれてしまって、それを再度読み込もうとすると落ちる訳です。
どうやら、PRO以前の3ではアーティスト名を保存する場所が自前のデータベースを作る方式だったのが、wav内に埋め込むように変わっていた事が原因らしいです。
因みに、この現象windowsではアプリが落ちないまでもファイルが読み込めないとか。バイナリエディターでファイルのヘッダにあるゴミ(2バイト文字情報)を削除書き換えると普通に読み込むようになるのでほぼ間違いなくこれが原因でしょうね。

こちらがradikon君から送られた解析データ。赤で囲んだ部分がゴミ(詳細情報)正しいヘッダ情報ですね。

Dump1.jpg


早速、この解析データをネイティブに送ったんで次のアップデートで直ってくるのか?それとも、スルーされるのか。はてさてどうなるんでしょうねぇ。少なくとも、Macではアプリが確実に落ちるわけですからねぇ。これちょっとヤバイでしょ。

取り敢えずの防衛策としては、Traktor上でwavやaiffのファイルを読み込んだ後にプレイリストとかで日本語テキストに書き換えないように注意するしかないでしょうね。

radikon君、ありがとう!

MacでTraktorなユーザーは要注意です。

と、ココで追記!!
radikon君からのメールを俺が間違って理解していたようなので、ココでradikon君からの補足です。

若干誤解があるようで、コメントいたします。
上手く正しくお伝え出来ず、申し訳ないです。

画像のファイルは、下の赤で囲った部分(wavヘッダ)があるほうが正しいです。
本来ならこんな感じでwavヘッダがついているのですが、上のデータには無いというのを示しました。
でこのファイルだと確実に落ちるということで調べたのは、別の曲(パフィー)のほうでして、
1. Macで
2. (英数字でなく)日本語で、
3. Traktor以外の他のソフトで曲の詳細情報が書かれている、
4. wavもしくはaiffファイル
といった条件が重なる場合に起こるようです。

2,3の部分の扱いで、落ちるという最悪の事態は回避できると思います。
Traktorに持ってきてから、日本語のファイル情報を付ける分には、問題ないのではないかと思います。
posted by DMX at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。