2009年10月22日

あぁ、なるほどね。

なんでみんなが過敏に反応してるかコメント貰って判ったわ。

俺がPCDJを否定したと思ってるからなんだね。(笑)

言い訳がましくなるけどもう少しかみ砕いて書きましょうか。俺はPCDJは肯定派ですよ。何度も書いているようにアナログもデジタルもどちらにも利点も欠点もある。お互いに出来ること出来ないことがあるからどちらも面白いと思ってる。勿論現場にはアナログもデジタルも持って行って使ってる。serato ITCHしかりNI Traktorしかり。

で、俺が嫌だと思うのは音質。これはソフトウェアやハードウェアの問題ではなく我々音を出す側が選ぶソースの問題。どちらのソフトも使えるオーディオフォーマットはMP3だけじゃないことは勿論理解してますよね?俺が現状で大音量で聞く(ご家庭レベルではなくクラブ以上の大音量)に耐えうる最低限のフォーマットはwavかaiffじゃないかな?と言ってるだけですね。勿論、俺はそのどちらかのフォーマットでPCDJを使っています。で、MP3しかない音源であればそれでプレイするのは致し方ないねと。

それと別の話で、音質の優劣DJのプレイの優劣は必ずしも一致する訳ではない。これは当たり前のことだけれど、オーディオファイルを色々選択出来るならなるべくいい音質のファイルを使うように拘ってみれば?と言うこと。

大きな音の現場に行けば誰にでもwav・aiffとMP3圧縮音源の音の差は判りますよ。圧縮比率にもよりますが絶対に判る。俺の耳がいいんじゃなくて誰にでも判る。それは測定値と言うことではなく聞いて音が悪いと判るんです。

俺はPCDJも好きだから「PCDJって音が悪いよね」とプロの現場のスタッフに言われることが悔しいわけ。音は悪くないんだよ。音が悪いのは使っているファイルの音が悪いんだよと、そのたびに説明するわけです。
DJでもあるしPAエンジニアでもあるから苛立つんだよ。PCDJのみんな、でかい音を出す現場でプレイする時はwavとかaiffを使ってくれよ。そうじゃないと、自分達で自分達の首を絞めることになりかねないんだと。PCDJの楽しさにケチをつけられたくないんですよ。

言いたいことの真意を判ってくれましたか?
posted by DMX at 07:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。